ビットコイン取引所CEOのオータム・ラドキーさん、急死ですか…。きな臭いですね。

この記事は1分で読めます


ビットコインは、最近話題の仮想通貨。

そのビットコインの取引所である、
「ファーストメタ(First Meta)」
のCEO(最高経営責任者)である、
米国人女性のオータム・ラドキー(Autumn Radtke)さんが、
シンガポールで死亡しました。

スポンサードリンク


ビットコインと言えば、
最近、最も長く運営されてきたビットコイン取引所の一つで、
東京に拠点を置く「マウントゴックス(MtGox)」が、
約5億ドル(約500億円)相当のビットコインが、
盗まれて消失したとして経営破たんしたことで、
仮想通貨業界は混乱しているさなかでのこのニュース。

さらに、急死したオータム・ラドキーさんは、
最高経営責任者ながら・・・

まだ28歳でした。

これは、明らかに・・・ねぇ?

しかも、シンガポールのIT関連のウェブサイトは、
当初、自殺の可能性を報じたけど、
その後の更新で死因は「不明」と変更しているそうな。

シンガポール中心部のビジネス街の外れの、
集合住宅地区の一角で女性が倒れているという通報があって、
駆け付けた救急隊員がその場で死亡を確認したそうでうs。

シンガポール警察は、
現時点ではオータム・ラドキーさんの死亡に、
事件性がないとしつつ「不審死」として調べているそうな。

ビットコインの取引が停止したせいで、
混乱した市場で、大幅な損をした人が・・・

とかいろいろ想像できる事件ですね。

これは大きなニュースになりそうです。

まずは、28歳の若さで亡くなった、
オータム・ラドキーさんのご冥福をお祈りいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes